入れ歯

合っていない入れ歯は放っておいても、改善されることはありません
ですので、違和感を覚えられた時にはすぐにご相談ください

こんなことでお悩みではないですか?

痛みがある
物がよく噛めない
食事が美味しくない
話がしにくい
すぐに外れる
下の入れ歯が浮き上がる
口紅が引けない
口元に張りがない
異物感が大きい
白い歯の上に銀色のバネがあり、見た目が気になる
シワが増えた

こうしたことでお悩みの場合、入れ歯が合っていない可能性があります。合っていない入れ歯をそのまま我慢して装着し続けていると、十分な機能性が得られないだけでなく、口内の粘膜を傷つけ口内炎ができたり、また健康な歯が残っている場合には、それらの歯に負担がかかり、最悪の場合その健康な歯を失ってしまうこともあります。

ですので、使用されている入れ歯に少しでも違和感を覚えられた時には、すぐにかじはら歯科医院までご相談ください。

入れ歯が合わなくなる一番の原因は?

入れ歯が合わなくなる原因のうち最も多いのは、「歯科医院で定期的なメンテナンスを受けていない」というものです。
多くの患者様はそうお考えにはなっていないようなのですが、入れ歯とはある意味「消耗品」です。そのため定期的なメンテナンスが非常に重要であり、それにより入れ歯を長持ちさせることもできますし、また「痛みの発生」や「よく外れる」などのトラブルも未然に防止することができます。

ですので、半年に1回程度でもかまいませんので、噛み合わせの調整や粘膜の状態の適合など、歯科医院にて定期的なメンテナンスを受けられるようしてください。
「使用していて痛みはないので、大丈夫」
そうお考えになる方もいらっしゃるかもしれませんが、しかし痛みが発生してからでは遅く、すでに症状がかなり進行してしまっている場合もあるのです。ですので、定期的に歯科医院に足をお運び頂き、早期発見・早期治療を心がけてください。

対応可能な入れ歯について

インプラントオーバーデンチャー

インプラントを使ったオーバーデンチャーは、埋め入れたインプラントの上に、連結するためのパーツを接続し、それにピッタリと合う総入れ歯を装着させます。インプラントに総入れ歯がしっかりと固定されますので、通常の総入れ歯に起こりがちな問題が解消され、よく噛んで食べられるようになります。

メタルプレートデンチャー(金属床義歯)

金属床義歯とは、主要部分を金属で作った入れ歯の事です。一般的にメタルプレートとも呼ばれます。

今までの入れ歯は、ピンク色の床部分はレジン(プラスチック)で製作することが主流でしたが、金属床で製作した入れ歯は以前に比べて薄い素材となります。そのために患者さまにとっては、違和感が少ない、熱が伝わりやすいため美味しく食事が楽しめるなどのメリットがあります。

コーヌスデンチャー

残っている歯に金属冠を被せ、その上から入れ歯を装着させるという方法です。この「コーヌスデンチャー」は物を噛む力を非常に高めることができ、またクラスプ(金属のバネ)を使用しないので審美的にも優れているという特徴があります。

マグネットデンチャー

「マグネットデンチャー」とは、残っている歯根に磁性金属を取り付け、入れ歯に超小型磁石を埋め込み、磁力の力によって装着する入れ歯です。クラスプ(金属のバネ)を使用しないので審美性も高く、また着脱も容易なので簡単にお手入れすることができます。

アタッチメントデンチャー

アタッチメントデンチャーとは、通常入れ歯を固定する際に使用する金具の代わりに、様々なアタッチメントを使用して製作する入れ歯です。一般的な入れ歯との大きな違いは、金具を残っている歯にかけないで装着するという点です。

 

コンフォートデンチャーについて

「コンフォート」は硬い入れ歯の裏側を生体用シリコンで覆っているため、物を噛んだ時に歯茎にかかる負担を軽減し痛みの発生が抑えられるだけでなく、歯茎への吸着性も高いので、食事中や会話中に外れるといった問題も解消してくれます。

そして何よりも入れ歯の裏側を覆った生体用シリコンの柔軟性により、従来の入れ歯では噛むことが難しかった硬い物や弾力性のある物も、しっかりと噛むことができるようになります。

※今お使いの入れ歯にも加工することは可能です。ただし、入れ歯の材質や状態によってはできない場合もあります。

ノンクラスプデンチャー

「ノンクラスプデンチャー」とは、クラスプ(金属のバネ)を使用しない入れ歯のことで、そのため審美性にも優れており、また透明感があるので入れ歯を装着していることが気づかれにくいという特徴があります。薄くて軽量なので、装着した時の違和感もほとんどありません。

治療の流れ

1. 精密検査・治療計画
2. 診断にもとづいた治療計画のご説明
3. 術前処置
4. 仮歯の作製
5. 仮歯の装着
6. 入れ歯の作製(今ご使用中の入れ歯が利用できる状態であれば、それを利用して制作することも可能です)
7. 入れ歯の装着
8. メンテナンス

歯科技工士

奥森健史

経歴
1984年 東洋医療専門学校 卒業
1992年 渡独(ドイツ・プフォルツハイム)
2000年 有限会社デンタル・プログレッシブ開設

咬合・補綴治療計画セミナー インストラクター

K.S.Ⅰ.研修企画・奥森セミナー主宰

大阪大学歯学部付属病院 歯科技工スーパーバイザー

日本歯科技工士会 認定講師

大阪SJCD会員

古希の会会員