インプラント

歯の欠損により「楽しい食事」や「笑顔」を諦めていませんか?
インプラント治療なら、そうした機能性や審美性も取り戻すことができます

インプラント治療とは?

「インプラント治療」とは虫歯や事故などで失われてしまった歯の代わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に天然の歯と遜色のない人工歯を被せることで、機能性や審美性を改善する治療方法です。

歯が正しく機能するためには、歯茎に太い歯根がしっかりと定着していることが重要です。「インプラント治療」では歯肉を切開し顎の骨に穴を開け、そこに人工の歯根を埋め込み定着させるので、ぐらついたり外れたりするようなことも少なく、自分の歯同様に使えることから「第二の永久歯」とも呼ばれています。

 
 

インプラント治療のメリット

顎の骨に定着させるので、違和感なく物を噛むことができる
噛む力を回復させることができるので、固い物でも噛むことができるようになる
歯を削る必要がないため、審美的にも優れている

入れ歯やブリッジとの違いは?

歯の欠損に対する治療方法としては、これまで「入れ歯」や「ブリッジ」などが代表的でしたが、これらと「インプラント治療」にはどのような違いがあるのでしょうか?

入れ歯とは?

「入れ歯」とはこれまで歯の欠損に対して最も一般的に行われてきた治療方法で、失われた箇所に人工の歯茎を含めた義歯をはめ込むことで、機能性を改善させます。
しかし天然の歯がないため「顎の骨が痩せやすくなる」「周囲の歯に負担をかける」というデメリットもあり、そのほか「虫歯ができやすい」「審美性が高くない」「バネがあり、見た目がよくない」「発音が変わる」「手入れが大変」などの問題もあります。

ブリッジとは?

「ブリッジ」とは、歯が欠損した箇所に義歯をはめ、両側の歯に固定させることで機能性を改善する治療方法です。両側の歯に固定させるので安定性が高く、また天然の歯と遜色のない仕上がりにすることもできます。
しかし義歯を固定させるために左右の健康な歯を削らなくてはならず、また周囲の歯に大きな負担をかけてしまうというデメリットもあります。

インプラント治療と、入れ歯・ブリッジの違い

入れ歯・ブリッジとインプラント治療が最も異なる点、それは「歯の安定性」です。入れ歯は着脱可能であるためお手入れが簡単に行えるというメリットがあるものの、そのため「浮いたような感覚がある」「食事中によく外れる」といったデメリットもあります。またブリッジは左右の歯を使って固定するため、支えとなる歯に負担をかけてしまうだけではなく、かぶせの連結部の手入れがわずらわしいことがあります。

しかしインプラント治療であれば、人工の歯根を顎の骨に埋め込み定着させるので、歯がぐらつくようなこともなく、食事中もしっかりと物を噛むことができます。ただし、インプラント治療では顎の骨に穴を開けなくてはいけないため外科手術が必要となり、また自由診療ですので治療費が入れ歯やブリッジと比べて高くなってしまうというデメリットもあります。

かじはら歯科医院のインプラントの特徴

かじはら歯科医院では、安全なインプラント治療を行うために、いずれの患者様に対しても歯科用CTによる撮影と、「ガイドサージェリー」による治療を行っております。
「ガイドサージェリー」とは撮影したCT画像をもとに患者様の顎の骨の状況に応じたインプラント埋入部のガイドとなるプレート(マウスピースのようなもの)を作り、そのガイドに沿ってインプラントを埋入する方法です。また、CT画像をもとに患者様の顎の骨の模型を作り、事前にシミュレーションを行うこともできる方法で、これによりレントゲン撮影のみによる治療よりも格段に精度が高められるため、安全にインプラントを埋入することができます。
そして従来であれば術野を確保するために歯肉を切開し、術者を目視しながら手術を行うという方法が採られていたのですが、より患者様の負担を軽減する形で治療を行うことができます。

治療の流れ

1. 精密検査・治療計画
2. 診断にもとづいた治療計画のご説明
3. 術前処置
4. インプラント埋入手術
5. 治癒期間
6. アバットメントの取り付け
7. 人工歯の作製
8. メンテナンス

インプラントを長持ちさせるためには?

インプラントは通常であれば、最低でも5年以上の耐久性があります。ですがそれをより長く使用し続けるためには、やはり毎日のケア、そして定期的なメンテナンスが必要となります。
ご自宅で行うことのできるケアとしましては、ブラッシングやフロスによるインプラント体周囲のプラーク(歯垢)の除去などです。
しかしご自宅でのブラッシングやフロスだけでは除去し切れない汚れやプラークもあるため、ご来院頂き、定期的なメンテナスを受けられることをおすすめします。メンテナンスの期間は状況により変わりますが、1ヶ月~6ヶ月に1回程度です。

実際のインプラントのメンテンス 術前・術後

骨造成について

「インプラント治療」は顎の骨に人工の歯根を定着させため、適切な量の骨が必要となります。たとえば顎の骨が薄いと、インプラントが骨を突き抜けてしまうため、治療が行えない場合があります。
しかし、顎の骨がそういった状態の方でも「インプラント治療」が受けられるよう、骨を増量させてから行う治療のことを「骨造成インプラント」といいます。

この「骨造成インプラント」にはいくつか種類がありますが、このうちかじはら歯科医院では「ソケットリフト(上顎洞底挙上術)」「GBR(骨再生誘導法)」という方法を行っております。

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)

「サイナスリフト(上顎洞底挙上術)」とは、上顎の骨の厚みが足りない場合に、骨補填材を入れ厚みを補う方法です。専用機具を使って上顎洞底部を押し上げ、その部分に骨補填材を入れ十分な厚みを確保します。
サイナスリフトはバーティカルアプローチとラテアルアプローチの2つに大別されます。上顎洞底や上顎の状況により手術法を決めていきます。

GBR(骨再生誘導法)

「GBR(骨再生誘導法)」とは、歯槽骨の幅が足りない時に用いられる方法で、幅を確保したい部分にほかの部分から採取した患者様ご自身の骨や骨補填材を入れ、それを生体吸収性の人工膜で覆い骨の再生を促します。