診療案内

インプラント治療

かじはら歯科医院では、安全なインプラント治療を行うために、いずれの患者様に対しても歯科用CTによる撮影と、「ガイドサージェリー」による治療を行っております。
「ガイドサージェリー」とは撮影したCT画像をもとに患者様の顎の骨の状況に応じたインプラント埋入部のガイドとなるプレート(マウスピースのようなもの)を作り、そのガイドに沿ってインプラントを埋入する方法です。また、CT画像をもとに患者様の顎の骨の模型を作り、事前にシミュレーションを行うこともできる方法で、これによりレントゲン撮影のみによる治療よりも格段に精度が高められるため、安全にインプラントを埋入することができます。
そして従来であれば術野を確保するために歯肉を切開し、術者を目視しながら手術を行うという方法が採られていたのですが、より患者様の負担を軽減する形で治療を行うことができます。

詳細はこちら

入れ歯

入れ歯が合わなくなる原因のうち最も多いのは、「歯科医院で定期的なメンテナンスを受けていない」というものです。
多くの患者様はそうお考えにはなっていないようなのですが、入れ歯とはある意味「消耗品」です。そのため定期的なメンテナンスが非常に重要であり、それにより入れ歯を長持ちさせることもできますし、また「痛みの発生」や「よく外れる」などのトラブルも未然に防止することができます。

ですので、半年に1回程度でもかまいませんので、噛み合わせの調整や粘膜の状態の適合など、歯科医院にて定期的なメンテナンスを受けられるようしてください。
「使用していて痛みはないので、大丈夫」
そうお考えになる方もいらっしゃるかもしれませんが、しかし痛みが発生してからでは遅く、すでに症状がかなり進行してしまっている場合もあるのです。ですので、定期的に歯科医院に足をお運び頂き、早期発見・早期治療を心がけてください。

 

詳細はこちら

審美補綴

歯の一部、あるいは全体が失われてしまった歯に対して、補綴物を被せたり詰めたりすることで、その機能性や審美性を改善させる治療方法です。

代表的なものに「オールセラミック」「メタルボンド」「ラミネートベニア」などがあります。

 

詳細はこちら

包括治療

かじはら歯科医院では、歯1本1本を診るのではなく、お口全体を包括的に診る「包括治療」を大切に考えております。それは治療の効果を少しでも長持ちさせようと考えた時に、「包括治療」という考え方は外せないものだからです。

治療効果の継続を阻む因子を取り除こうと考えた時、歯1本1本だけ診ていてもそれは実現しません。一口腔単位(お口全体)、また顎骨全体を診ることによって初めて、治療効果を継続させることができ、また患者様の「お口の健康」を維持させることが可能なのです。

 

詳細はこちら

矯正治療

矯正治療というと前歯の歯並びをきれいにするとイメージが強いですが、かじはら歯科医院では審美的な目的だけではなく、機能美を達成するために矯正治療をお勧めしています。 つまり、顎を動かす関節が安定して動き、関節に付随する筋肉、靭帯がバランスよく活動でき、咀嚼という生きていくうえで必要な機能を支障なく営むことができることが最大の目的です。

歯並びや咬み合わせが悪いと顎の関節にも症状が出たり、左右で噛む力のバランスが違う状態になったり、歯に過剰な負担がかかりさまざまな問題を引き起こしたり、ブラッシングすることが難しく歯周病や虫歯になりやすい状態になったり、最悪の場合では歯を失う原因にもなりうるのです。 そのような状況を起こさないためにも歯並びや咬み合わせの状態をよくしておく必要があるのです。

 

詳細はこちら