審美補綴

一部、あるいは全体が失われてしまった歯も
審美補綴を行うことで再び美しさを取り戻すことができます

審美補綴とは?

歯の一部、あるいは全体が失われてしまった歯に対して、補綴物を被せたり詰めたりすることで、その機能性や審美性を改善させる治療方法です。

代表的なものに「オールセラミック」「メタルボンド」「ラミネートベニア」などがあります。

治療内容

オールセラミッククラウン(被せ物)・インレー(詰め物)

体に無害なセラミック(陶器)のみを使用した補綴物です。長年使用しても黄ばみなどの変色が少なく、また金属を使用しないので、金属アレルギーの方でも安心してお使い頂けます。

ジルコニアオールセラミッククラウン

ジルコニアオールセラミックは、人工ダイヤモンドとして知られるキュービックジルコニアとほぼ同成分でできており、強度と美しさを兼ね備えたセラミックです。ジルコニアオールセラミッククラウンは、透明性に優れたセラミック素材を芯材として使用しているオールセラミック治療です。また金属よりも硬く、しなやかさもあるため、曲げる力にも強い破損しにくい素材です。

 
 

メタルボンド

外側はセラミック(陶器)、中身は金属で作製された補綴物で、優れた耐久性を持ち、割れや変色などの心配もないので長期間安心してお使い頂けます。

ポーセレンラミネートベニア

ごくわずかだけ歯の表面を削り、そこに薄いセラミックを装着させ、歯の色や形を整えることで審美性を高める方法です。セラミックは変色に強いという特徴を持っていますので、長期間白さを保ち続けることができます。

ハイブリッドセラミッククラウン(被せ物)・インレー(詰め物)

セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜて作製された補綴物です。「オールセラミック」よりも柔らかいため、周囲の歯を傷つける心配が少ないというメリットがありますが、長年使用していると変色を起こす可能性があります。

オールジルコニアクラウン

内側から外側まですべて、人工ダイヤモンド素材のジルコニアで製作したクラウンです。

また内側に金属を使わないので、金属アレルギーが心配な方に最適です。また審美的にもメタルボンドより透明感があります。

ダイレクトクラウン

気になる奥歯を白くしたいが費用はなるべく抑えたい、という方におすすめのメニューです。

「3M(TM)ESPE(TM)ダイレクトクラウン」の使用により、診療日当日に、自由診療でありながら

従来の白い歯冠と比較し安価に白い歯冠を手に入れることが可能です。

 

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは、前歯のすきっ歯や虫歯を1日で治す治療法です。

プラスチックを歯に直接詰めたり盛ったりして治療する方法なのですが、前歯を1日できれいに治すことが可能です。

かじはら歯科医院が大切にしている「MIコンセプト」とは?

かじはら歯科医院では、できるだけ歯を削らずに治療を行う「MIコンセプト」を大切に考えております。この「MI」とは「Minimal Intervention(ミニマル・インターベンション)」の略で、「最小の侵襲」と訳されます。

この「MIコンセプト」は正しい診断と診療計画にもとづき、「できるだけ歯を削らない」「生まれ持った歯をできる限り残す」「歯の寿命を少しでも長くさせる」ことをコンセプトとしており、かじはら歯科医院でもこの考えを重要視し、できるだけ歯を削らない、ひいては患者様の負担をできる限り少なくすることを念頭において治療を行っております。